とりとめのない話

女子トイレにいきなり「おじさん」が入ってきたビビった話。これってアリ?!

どうも。たまには衝撃的なタイトルで目を引こうとしてみたダー子です(笑)

そんなわけでタイトルには書いてないですが、これ、ただのおじさんじゃなく「清掃員の」おじさんなんですけど。

 

私は初めての経験だったんだけど、もしかして私が遅れてるだけで、今の時代これって普通の事なんですかね?

 

おじさん清掃員、女子トイレに現れる!の巻

息子の試合で訪れた市営体育館でそれは起こった

県内外問わず、息子の試合となったら、撮影班として一緒にいろんな体育館を訪れてきたダー子ですが、今回行ったのはその中でもよく行く市営体育館。

私は試合の合間にお手洗に。

用を足した後、手洗い場の鏡を見ながら応援で乱れた髪を直そうかとしていた時の事です。

 

「失礼しますー」

と場違いなトーンの声と共に、鏡越しに見えたのは…そう!

 

 

おっちゃん!

 

 

……

えっ!!!

 

一瞬、自分が今いる場所とその状況との違和感にパニックになったものの、慌てて振り返った私。

そのおじさんは、モップ片手に慣れた感じで女子便所のトイレ履きに履き替え、トイレ内にずかずか入って行くんです。

 

おじさんはそのまま一番奥のドアへと進み、ドアを開けるとそこは掃除用具の入っているスペースで、何やらごそごそしてたんですけど…

その時、私の他に他チームのお母さんや選手含め3人ほどの女性(←もちろん)がトイレ内にいたと思います。

私は手洗い場ですが、私以外はまだみんなトイレ内。

 

そんな状況の中、普通に女子便所におじさんがいるって事が、いまいち呑み込めないまま。

 

私の頭の中は

えー?!えー?!えー?!…

が続いてる状態で、心が乱されまくって、乱れた髪もそのまま、なんだか怖くて足早にトイレをあとにしました。

 

他の場所でも同じことが?!

そんなこんなで、半ば混乱状態のまま自チームが集まる場所へ戻り、やっと落ち着きを取り戻した私は、さっきあった出来事を、チームのママ友達の一人に話してみました。

すると、そのママ友から、またしても衝撃の事実を知らされることになるのです。

 

そのママ友によると、高知にある有名な大きな病院でも、同じようなことが起きているんだとか

最近、その病院で女子便所に男性の清掃員が入ってくるらしいという情報を小耳にはさみ、驚いた経緯があるそのママ友は、私の話を聞いて

「ここでも?!えーっ!!」

なんて、またまた驚いていました。

 

そしてそれを聞いた私も更にびっくりですよ。さっき起きた出来事は、かなりのレアケースだとと思っていたのに…

今の時代、神聖なる女子トイレに、性の異なる男性清掃員が足を踏み入れることは普通になっているのか…?

 

おばちゃんは男子便所へ入れる…、でおじさんも女子便所OKに?!

そういえば、これまで女性の清掃員が男子トイレに入って行く姿は、今まで幾度か目にしているような気がしますが、その時は、何の違和感もなく見過ごせましたね。

たまに、高速のサービスエリアとかで女子トイレに行列ができているとき、男子トイレに平気で入って行くご婦人は…まあ同じ女子としてスイマセンと思う。

 

そもそもトイレに清掃のおばちゃんが入ってきて、心底不快に思う男性っているのかな。多少はびっくりするかもだけど。

 

そうだ!

女子トイレにいる男性は、やっぱ女子にしたら不快なんですよ←私のパニックの理由はこれかと今更気付いた(笑)

小さい女の子を持つ母親ならなおさら不快だと思う。

 

  • 女性の清掃員→男子トイレはOK
  • 男性の清掃員→女子トイレは…

やっぱりどー考えても嫌だなー。

 

これを聞くと、

「女性は良くて男性はダメなんて、差別じゃないか!」

という意見も聞こえてきそうですが、それは違う。

 

やっぱり男子トイレのぞいて興奮する人が全くいないとは言わないけど、いるとすればごくまれな人種で。

やれトイレにカメラを仕掛けたとか、やれトイレで事件があったというニュースで聞く限りでは、加害者はやはり男性なわけで。

 

清掃員のおじさんも好きでやってるわけじゃないかもだし、男性だからと言ってそんな疑いの目で見るのは申し訳ないけど、そういう状況が簡単に作ってしまうこの現状はどうなのかなーと思いますよね。

 

最近ニュースでよく目にする小学校教師のわいせつ事件なんか、そもそもそれが目的だったようにも見えるし。

そうすると、それ目的で清掃員の仕事を選んじゃう人が出てきてもおかしくないから。

 

まあ私がブログで書いたからと言って、何も変わらないでしょうが、あまりに衝撃だったので書いてみました。

今回はこのへんで!

-とりとめのない話

Copyright© ズボラおばさんの日記 , 2020 All Rights Reserved.